新潟の税理士に相談。相続税申告、相続節税対策、遺言、相続手続き承ります。面倒な相続税申告や手続きは税理士にご相談ください。

新潟県の相続税申告・遺産相続・遺言は相続に強い税理士ご相談ください

新潟相続協会|相続無料相談実施中

◆新潟市オフィス:新潟市中央区女池4-18-18マクスウェル女池2F
◆三条本店:新潟県三条市塚野目4-15-28 

無料相談フリーダイヤルはこちら

0120-963-270

営業
時間

平日 9:00~17:30
夜間は要予約

無料相談実施中!(新潟県専用窓口)

代理契約の相手側を保護する「表見代理」について、相続税に強い新潟市の税理士が解説いたします

祖母の妹は相続できる?相続の範囲を確認しよう

相続人の範囲や法定相続分は、民法によって定められています。

では、祖母の妹は相続人に含まれるのでしょうか?

今回は、具体例を挙げながら相続の範囲についてご説明いたします。

民法における「相続」とは

法律に定められている「親族」の定義

そもそも、相続の際に重要となる「法律上における親族」とは、どこからどこまでの人の事をいうかご存知でしょうか?

法律に定められている親族の定義とは、以下の人を指します。

  • ①配偶者

  • ②6親等内の血族

  • ③3親等内の姻族

ここでいう血族とは、血の繋がりがある人の事です。

また、配偶者は法律上の婚姻関係にある、夫・妻の事をいいます。

この配偶者以外に使われる「○○親等内」というのが誰のことを指すのか、もう少し詳しく説明しますね。

血族と姻族

血族には2種類あり、出生によって親子としての関係で繋がっている「自然血族」と、養親子の関係を含めた「法定血族」にわかれます。

また、姻族は自分の配偶者の血族および血族の配偶者をいいます。

これだけだと少し難しい表現ですが、結婚により親戚になった人と言えば分かりやすいでしょうか。

親等の数え方

親等とは、親族同士の関係性をあらわす言葉であり、自分から見てどのくらい離れた関係にあるかを表す単位だと思ってください。

親と子の関係で1単位となります。
つまり、父・母・子で一つの親子関係とし、1親等と数えます。

兄弟や姉妹の場合は、共通した親から2つの出生にて生まれた関係性の為、2親等となります。

親子以外で何親等かがわかりにくい場合には、対象となる方同士の共通の上の世代まで遡って下におりていくことで何親等か数えられるので、家系図を書いて判断しましょう。

しかし、婚姻している夫婦の両親同士、または兄弟のそれぞれの妻同士の関係については、親族に含みません。

親等別で簡単に表すと、以下のようになります。

1親等父、母・子
2親等祖父母・孫・兄弟姉妹
3親等曾祖父母・曾孫・おじおば・甥姪
4親等高祖父母・玄孫・祖父母の兄弟姉妹・いとこ・甥姪の子供
5親等高祖父母の父母・来孫・高祖父母の兄弟姉妹・祖父母の甥姪・いとこの子供・甥姪の孫
6親等高祖父母の祖父母・昆孫・高祖父母の父母の兄弟姉妹・高祖父母の兄弟姉妹の子供・祖父母の甥姪の子

上記の全ての6親等を合わせて、法定血族といいます。

祖母の妹は相続できる?

祖母の妹は相続できる?

以上を踏まえて、タイトルの質問にお答えします。

祖母の妹は、被相続人(亡くなった方)から見て4親等であり、法律上における親族の範囲に含まれます。

しかし、相続人となれるかは定かではありません。

というのも、法定相続では遺産をもらえる優先順位が決まっており、「優先順位が高い人が相続人になる」という決まりがあるからです。

法定相続人となれるのは、配偶者と血族のみです。

配偶者は常に法定相続人となりますが、それ以外の血族については優先順位があり、先順位の人が1人でもいる場合はそれ以降の人は相続人にはなれません。

第1順位子供(直系卑属)
第2順位親(直系尊属)
第3順位兄弟姉妹

まとめ

法律上の親族の範囲を知ることは、相続の際にもとても重要になります。

親等の数え方もとても大切なので、ぜひ覚えてみてくださいね。家系図を見ながら、親族のあの人とは何親等なんだと子供と話してみるのも楽しいかもしれません。

また、相続できる人の範囲は6親等とかなり広範囲の人が親族に該当するため、いざ手続きをする時になって連絡の取れない人が相続人だったと判明するケースもあります。

特に相続で財産が高額である場合には、今まで会ったことのない親族と交渉しなければならない可能性もあります。

もし遺産相続について複雑な場合には、専門家に依頼してスムーズな解決を計ることをおすすめいたします。

 

相続についてご不明な点があれば、いつでも相続に強い新潟の税理士にご相談ください。

初歩的な質問も大歓迎です。ぜひ無料相談をご活用ください。
 

※以上は本記事を作成時点の情報に基づいております。現在の内容と異なる場合があることをご容赦ください。

税理士への相続のご相談はこちら

相続税のご相談は、新潟の方限定で無料です。

お気軽にご相談ください!
お約束1:感じの良い対応  
お約束2:勧誘はいたしません

無料相談はこちら (新潟県の方専用窓口)

0120-963-270

営業:平日9:00~17:30(夜間は要予約)

★無料相談実施中★

新潟市や長岡市での相続税申告、遺言、贈与、無料相談です!

相続のご相談は無料です!
お気軽にご相談ください

税理士・著書のご紹介(共著)

新潟市や長岡市での相続税申告、遺言、贈与、無料相談です!

相続税申告・遺産分割協議書・遺言など新潟の税理士に無料相談!

相続税の申告から遺言まで、新潟の税理士が解決いたします。

新潟相続協会 概要

新潟相続協会
(L&Bヨシダ税理士法人)

ご連絡先

◆新潟 相続オフィス
新潟県新潟市中央区女池4-18-18マクスウェル女池2F
☎025-383-8868

◆三条 相続オフィス
新潟県三条市塚野目4-15-28
☎0256-32-5002

対応地域

新潟県内全域対応

新潟県新潟市中央区、新潟市西区、新潟市東区、新潟市北区、新潟市江南区、新潟市西蒲区、新潟市南区、新潟市秋葉区、長岡市、三条市、見附市、加茂市、小千谷市、新発田市、村上市、柏崎市、上越市、胎内市、糸魚川市、弥彦村、燕市、五泉市、燕三条地域
その他県内全域対応