新潟の税理士に相談。相続税申告、相続節税対策、遺言、相続手続き承ります。面倒な相続税申告や手続きは税理士にご相談ください。

新潟県の相続税申告・遺産相続・遺言は相続に強い税理士ご相談ください

新潟相続協会|相続無料相談実施中

◆新潟市オフィス:新潟市中央区女池4-18-18マクスウェル女池2F
◆三条本店:新潟県三条市塚野目4-15-28 

無料相談フリーダイヤルはこちら

0120-963-270

営業
時間

平日 9:00~17:30
夜間は要予約

無料相談実施中!(新潟県専用窓口)

相続税申告の期限について、新潟市の税理士が解説いたします

相続税申告はいつまでに完了すればいい?

相続が発生し、相続税の対象となる場合には、被相続人(亡くなった方)の死亡した所在地を管轄している税務署に相続税の申告をすることになります。

相続税の申告には期限が存在しており、その期限は相続発生の翌日から10か月以内です。

「10か月もある」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし実際は相続手続きは多岐に渡り、意外と時間が足りないものです。

遺産分割がすんなり決まれば良いですが、もし揉めたり、相続人であるにも関わらず連絡が取れない人がいたりするケースもあります。

もし申告期限を過ぎてしまった場合にはペナルティを課せられる場合がありますので、申告期限を過ぎないように申告を完了させましょう。

今回は、相続税申告の期限について、税理士が分かりやすく解説いたします。
注意点についても説明しているので、ぜひ参考になさってくださいね。

相続税申告はいつまでに完了すればいい?

相続税申告が10か月もあるのに間に合わないのはなぜ?

そもそも相続は、被相続人の死亡と同時に開始されます。

しかし亡くなってすぐの1~2か月は、被相続人のお葬式の手配などで忙しく過ぎて行ってしまいます。

49日も過ぎてひと段落したころに、さて相続をどうしよう、となるわけですね。

その後、まず行うのは「相続財産の確認」です。

どんな相続財産があるのか、いくらあるのか、そしてそれを相続するのは誰か。

調べていくと、全然合ってもいないし連絡も取っていない人が相続人となるケースもあり、その連絡を取るのにも時間がかかったりと、予想外のことが起きるのも相続ならではです。

 

そしてもし相続財産が高額である場合には、遺産分割協議などで相続人同士で揉める可能性もあります。相続財産が不動産である場合には、どう分けるか、どうお金を工面するかなども考えなければなりません。

もし遺産分割協議で相続人間の話し合いが不調に終わり、家庭裁判所に調停を申し込むことになれば、忙しさに加えて精神的な負担も予想されます。

 

遺産分割協議がまとまり、いざ相続税の申告手続きを行うとなれば、戸籍収集、目録作成、更には遺産分割協議が無事に終了した証明として遺産分割協議書を作成するなど、次々にやる事が降りかかってきます。

 

以上のことから、法律で定められている期限の「10か月間」はあっという間に過ぎてしまう可能性があるので注意しましょう。

色々な手続きと同じで、「まだ期限まで時間がある」ではなく「なるべく速やかに手続きを完了させる」という気持ちで進めましょうね。

この時、もし自分や他の相続人では申告が難しいと判断される場合は、迷わず専門家である税理士に相談してみましょう。

相続に関しては、多くの税理士事務所が無料相談を実施していると思うので、ぜひ活用してみてくださいね。

相続に強い税理士に無料相談する

相続税申告の期限を過ぎたときのペナルティーって?

相続税の申告期限を過ぎても申告を行わなかった場合には、「無申告加算税」が課せられます。

つまり、通常支払う相続税にプラスして、追加で税金を支払うことになります。

その割合は、原則として「納付税額の50万円までは15%、50万円を超える部分には20%の割合を乗じて計算した金額」となっているので、かなり大きな額になります。

災害などのやむを得ない理由がある場合にはもちろんペナルティ対象とはなりませんが、なるべく早く申告するに越したことはありません。

 

またもし期限内に申告はしたけれど、納付が間に合わなかった場合。この時も、「延滞税」というペナルティがかかります。

延滞税は、もともと納付するべき金額に対する利息にあたります。

そのため、もし期限を過ぎてしまった場合でも、1日でも早く納付まで完了できるよう努めることが大切です。

期限内に申告を完了するための具体例

申告期限について、具体的な日にちの例を挙げますと

例えば被相続人が死亡した日が2月1日の場合、期限はその年の12月1日となります。

上記の日付が土日や祝祭日にあたる場合は、これらの日付の翌日が期限になります。

また、申告書は原則税務署に持参しますが、郵送で提出することも可能です。

ただし、郵送で提出する場合は消印の日付が提出した日となるので気をつけましょう。

ちなみに郵送時には、紛失防止のため普通郵便ではなく「簡易書留」で送付することをおすすめします。

例外として、申告期限を延長することが可能なケースがあります。

  • 相続人の移動があり、排除などにより誰かが相続の権利を失う場合
  • 遺留分減殺請求がなされた場合
  • 遺贈に関する遺言書を発見した場合
  • すでに生まれたとみなされる胎児が出産によって生まれた場合

このような場合は、税務署に問い合わせてみてくださいね。

まとめ

今回は、相続税申告はいつまでに完了すればよいか、期限とペナルティについてご紹介しました。

期限を過ぎるほどにペナルティはキツく重くなっていくので、期限を過ぎた場合には1日でも早く納付を完了するようにしましょう。

 

※以上は本記事を作成時点の情報に基づいております。現在の内容と異なる場合があることをご容赦ください。

税理士への相続のご相談はこちら

相続税のご相談は、新潟の方限定で無料です。

お気軽にご相談ください!
お約束1:感じの良い対応  
お約束2:勧誘はいたしません

無料相談はこちら (新潟県の方専用窓口)

0120-963-270

営業:平日9:00~17:30(夜間は要予約)

★無料相談実施中★

新潟市や長岡市での相続税申告、遺言、贈与、無料相談です!

相続のご相談は無料です!
お気軽にご相談ください

税理士・著書のご紹介(共著)

新潟市や長岡市での相続税申告、遺言、贈与、無料相談です!

相続税申告・遺産分割協議書・遺言など新潟の税理士に無料相談!

相続税の申告から遺言まで、新潟の税理士が解決いたします。

新潟相続協会 概要

新潟相続協会
(L&Bヨシダ税理士法人)

ご連絡先

◆新潟 相続オフィス
新潟県新潟市中央区女池4-18-18マクスウェル女池2F
☎025-383-8868

◆三条 相続オフィス
新潟県三条市塚野目4-15-28
☎0256-32-5002

対応地域

新潟県内全域対応

新潟県新潟市中央区、新潟市西区、新潟市東区、新潟市北区、新潟市江南区、新潟市西蒲区、新潟市南区、新潟市秋葉区、長岡市、三条市、見附市、加茂市、小千谷市、新発田市、村上市、柏崎市、上越市、胎内市、糸魚川市、弥彦村、燕市、五泉市、燕三条地域
その他県内全域対応